元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

No title

コメント一覧
1. John 2009年06月14日 15:26
mickさんのことだから記事を書くかとも思っていたのですが
あまりの衝撃に思わずメッセージを送ってしまったのです
気持ち的にはmickさんと同じです
おいらは比較的全日も新日も見ていた方です
良く見るようになったのは1980年過ぎからですが
このおもだったものがまだこの2団体だけの熱かった時代でした
プロレス談議って止まらなくなるものだからここではやめますが
その熱かった時代を生きて来た筋金入りのプロレスラーが試合中に事故なんて、ホンマに考えられません
最近首に爆弾を抱えた人ではありましたが、プロですもんね
ガラスのエースはやっぱりガラスだったってことですね
まだまだ見ていたかった…
数え切れないファイトを見せていただきありがとうございました
心からご冥福をお祈りいたします


2. mick@管理人 2009年06月14日 15:51
John さん メッセおおきに。
昨夜から仕事で、午前中にに終わり、そのまま、妻から買い物のお誘いメール(ダイエー日曜市で安いのです)があり、ダイエーでのお買い物を済ませ、我が家に帰り新聞をみて、びっくりでした。
私の愛読新聞ダイスポにも、まだ載ってなかったニュースだったのでね。
で、眠気も吹っ飛び、兎に角記事更新せんといかんやろって思いましたね。
私も好く観るようになったのは、80年代のプロレスブームのころですね、府立体育館や、大阪城ホールにもよく観戦にいきましたよ。
そうですね、プロレス談義はとまりませんね。
まったく、試合中の事故って、新聞記事でも過去に、女子プロレスで一度あったとかいてありましたね、それくらい考えられないことなんですよね。
これから、ノアはどうなるんだろうか・・・・


3. 流れ星 2009年06月14日 21:18
mickさん、こんばんは☆彡
流れ星も子供の頃はおばちゃん、おやじとともによく見てました。
プロレス人生は結構年齢高くても現役でされますからね、
三沢選手はエルボーの鬼でしたね、事故とはいえいまだに信じられない
事ですよね。
最近は格闘技ブームで色々やってますが
死と隣りあわせなのも事実なんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。


4. しゅー 2009年06月14日 23:39
二代目タイガーマスクこと三沢光晴がなくなったのはショックでした!
最近は彼の試合を見る機会はなかったのですが,何でも鑑定団(再放送)に出演している三沢をみました.そのときはとても元気そうでした.本当に打ち所が悪かったのでしょうね・・・ご冥福を祈ります・・・


5. mick@管理人 2009年06月15日 13:12
流れ星さん (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
ここのみなさん、結構、プロレス好きなのかな?
プロレスはエンターティメントですからね、長く現役続けるためには、日々そうとうな練習してるようです。
よく、一般の素人さんが、真似事をしますが、受身が充分じゃないと、大怪我します。
コメントありがとうです。


6. mick@管理人 2009年06月15日 13:14
しゅーさん こんにちわ
やはり、ショックでしたね。
普段の三沢選手は、温厚な人で、他のプロレスラーとはちょいと違った感じの人でした。
コメントありがと。


7. みちりん 2009年06月15日 15:47
mickさん、こんにちは。
先日は誕生日祝ってくれてありがとう(^^)v
私も今朝ニュースで見ました。
小さい頃は父が好きだったので一緒に見てたっけ。
最近の選手の名前はあまり知らなかったんです。
でもニュースで見てなんとも言えない気持ちです。
試合中の事故・・・
あんなに練習重ねてきたのに。
今回の技だって何度も受けてきたのに・・・
ただ、ただご冥福を祈る事しかできません。。。


8. mick@管理人 2009年06月16日 13:52
みちりんさん ´ω`)ノこんぬづわ
誕生日は、祝ってもらえましたか?
いくつになっても、祝ってもらったら嬉しいですよね。
まだまだ、みちりんさんは女ざかりです、これから一花もふた花も咲かせましょう。
プロレス見てましたか・・・三沢選手はもうベテランになって、身体も満身創痍でした。今年で引退を考えてたようです。
でも、看板レスラーとして、団体の社長として、引退のタイミングが難しかったようですね、そんな矢先の事故でした。
ほんとうに、残念でなりません。


9. カサブランカ 2009年06月17日 10:19
この事故は衝撃的でした、泣くな、mickさん・・! 命がけの宿命を三沢氏は身をもって見せつけてくれた想いですね。 観客の言葉の中に試合中何度か頭を振る仕草をしていた、といいます。たぶん体調的にもめいっぱいだったのかもしれませんね、そこで業界への使命感と、命知らずの男気が後ずさりを拒んだのではないだろうか、と私は思いました。それでも、まさか死に向かうとは、彼も思っていなかったと思います。 試合を離れた時の三沢氏はとても温厚な感じできっと後輩思いのよき指導者ではなかったかと思いますね、私も格闘技を見る事のできる方なので、男って・・すごいっものです。 とても残念でありましたね、リングで死ねたから・・と言っても。仲間達の涙が分かる気がします。


10. mick@管理人 2009年06月17日 10:39
カサブランカさん (*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ おはょっす!!
コメントありがとうございます。
やっぱり、ショックでしたね。
まもなく47歳の誕生日直前の事故でしたから・・・
ジャンボ鶴田選手が、肝臓移植手術失敗で、無くなった時もショックでしたが、今回はそれ以上でした。
鶴田選手のこともあり、生前から、ドナー提供に関する運動も積極的にされてたようですね。
合掌!!!

2009.10.22  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

悲報!三沢光晴さん死去

2009.06.14

category : プロレス

ビックリしました。
深夜の仕事から帰宅して、新聞を読むと、信じられない記事が飛び込んできました。

そして、ブログチェックすると、DonLeoJonathanさんからのコメントやJohnさんからの悲報のメッセ・・・・
【三沢光晴さん死去】プロレスリング・ノアの社長で、プロレスラーの三沢光晴(みさわ・みつはる)さんが、46歳の若さで帰らぬ人となった。13日、広島グリーンアリーナ小アリーナで行われた試合中に相手の技を受けて頭部を強打し、亡くなった。三沢さんがリング上で倒れて動かなくなると、試合会場のあちこちからファンの悲鳴があがり、騒然とした状態となった。



73aaa40e.jpg

試合中の事故なんて、めったにありません。私の記憶では、ほとんど皆無です。
レスラーは鍛えてますから、対戦相手の状況とか判断して、受けて試合をするんです。
受身の練習も、時間を掛けてしています。
なのに、バックドロップで、頭部強打、意識不明・・・・・

ショックです。


三沢光晴選手は、現在まで人気・実力などにおいて新日本プロレスの蝶野正洋全日本プロレスの武藤敬司と共に、日本のプロレス界の頂点に君臨する選手でした。
打たれ強く「受け身の天才」と称され、若い頃には端整な顔立ちから「エルボーの貴公子」とも呼ばれていました。
一方で全日本プロレス時代はしばしば満身創痍の状態でリングに上がりつづけていたことから、「ガラスのエース」とも呼ばれていた。
※一部ウイキペディアより、掲載。

そんな、受身の天才が、バックドロップで死亡したんです。信じられません。

私は、新日本プロレスファン(アントニオ猪木)で、全日本プロレス(ジャイアント馬場)は好きではありませんでした。だから、全く当時興味なかったのですが、長州 力がジャパンプロレスを立ち上げて、全日本プロレスに参戦したころから、全日本の試合を見るようになったんですがそこに登場したのが2代目タイガーマスク(三沢光晴)でした。

その後、マスクを取り、三沢光晴として、全日本のエースに成長しました。
ジャイアント馬場(故人)、ジャンボ鶴田(故人)そして天龍源一郎(現役で頑張ってます)らと、全日本プロレスを牽引し、馬場さんの死後は、全日本を脱退。ノアを立ち上げ頑張っていました。


三沢光晴の入場テーマ スパルタンX




懐かしの、長州 力VS タイガーマスク(三沢光晴)



コメント

No title

コメント一覧
1. John 2009年06月14日 15:26
mickさんのことだから記事を書くかとも思っていたのですが
あまりの衝撃に思わずメッセージを送ってしまったのです
気持ち的にはmickさんと同じです
おいらは比較的全日も新日も見ていた方です
良く見るようになったのは1980年過ぎからですが
このおもだったものがまだこの2団体だけの熱かった時代でした
プロレス談議って止まらなくなるものだからここではやめますが
その熱かった時代を生きて来た筋金入りのプロレスラーが試合中に事故なんて、ホンマに考えられません
最近首に爆弾を抱えた人ではありましたが、プロですもんね
ガラスのエースはやっぱりガラスだったってことですね
まだまだ見ていたかった…
数え切れないファイトを見せていただきありがとうございました
心からご冥福をお祈りいたします


2. mick@管理人 2009年06月14日 15:51
John さん メッセおおきに。
昨夜から仕事で、午前中にに終わり、そのまま、妻から買い物のお誘いメール(ダイエー日曜市で安いのです)があり、ダイエーでのお買い物を済ませ、我が家に帰り新聞をみて、びっくりでした。
私の愛読新聞ダイスポにも、まだ載ってなかったニュースだったのでね。
で、眠気も吹っ飛び、兎に角記事更新せんといかんやろって思いましたね。
私も好く観るようになったのは、80年代のプロレスブームのころですね、府立体育館や、大阪城ホールにもよく観戦にいきましたよ。
そうですね、プロレス談義はとまりませんね。
まったく、試合中の事故って、新聞記事でも過去に、女子プロレスで一度あったとかいてありましたね、それくらい考えられないことなんですよね。
これから、ノアはどうなるんだろうか・・・・


3. 流れ星 2009年06月14日 21:18
mickさん、こんばんは☆彡
流れ星も子供の頃はおばちゃん、おやじとともによく見てました。
プロレス人生は結構年齢高くても現役でされますからね、
三沢選手はエルボーの鬼でしたね、事故とはいえいまだに信じられない
事ですよね。
最近は格闘技ブームで色々やってますが
死と隣りあわせなのも事実なんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。


4. しゅー 2009年06月14日 23:39
二代目タイガーマスクこと三沢光晴がなくなったのはショックでした!
最近は彼の試合を見る機会はなかったのですが,何でも鑑定団(再放送)に出演している三沢をみました.そのときはとても元気そうでした.本当に打ち所が悪かったのでしょうね・・・ご冥福を祈ります・・・


5. mick@管理人 2009年06月15日 13:12
流れ星さん (○´∀`)ノ゙こんにちゎ★
ここのみなさん、結構、プロレス好きなのかな?
プロレスはエンターティメントですからね、長く現役続けるためには、日々そうとうな練習してるようです。
よく、一般の素人さんが、真似事をしますが、受身が充分じゃないと、大怪我します。
コメントありがとうです。


6. mick@管理人 2009年06月15日 13:14
しゅーさん こんにちわ
やはり、ショックでしたね。
普段の三沢選手は、温厚な人で、他のプロレスラーとはちょいと違った感じの人でした。
コメントありがと。


7. みちりん 2009年06月15日 15:47
mickさん、こんにちは。
先日は誕生日祝ってくれてありがとう(^^)v
私も今朝ニュースで見ました。
小さい頃は父が好きだったので一緒に見てたっけ。
最近の選手の名前はあまり知らなかったんです。
でもニュースで見てなんとも言えない気持ちです。
試合中の事故・・・
あんなに練習重ねてきたのに。
今回の技だって何度も受けてきたのに・・・
ただ、ただご冥福を祈る事しかできません。。。


8. mick@管理人 2009年06月16日 13:52
みちりんさん ´ω`)ノこんぬづわ
誕生日は、祝ってもらえましたか?
いくつになっても、祝ってもらったら嬉しいですよね。
まだまだ、みちりんさんは女ざかりです、これから一花もふた花も咲かせましょう。
プロレス見てましたか・・・三沢選手はもうベテランになって、身体も満身創痍でした。今年で引退を考えてたようです。
でも、看板レスラーとして、団体の社長として、引退のタイミングが難しかったようですね、そんな矢先の事故でした。
ほんとうに、残念でなりません。


9. カサブランカ 2009年06月17日 10:19
この事故は衝撃的でした、泣くな、mickさん・・! 命がけの宿命を三沢氏は身をもって見せつけてくれた想いですね。 観客の言葉の中に試合中何度か頭を振る仕草をしていた、といいます。たぶん体調的にもめいっぱいだったのかもしれませんね、そこで業界への使命感と、命知らずの男気が後ずさりを拒んだのではないだろうか、と私は思いました。それでも、まさか死に向かうとは、彼も思っていなかったと思います。 試合を離れた時の三沢氏はとても温厚な感じできっと後輩思いのよき指導者ではなかったかと思いますね、私も格闘技を見る事のできる方なので、男って・・すごいっものです。 とても残念でありましたね、リングで死ねたから・・と言っても。仲間達の涙が分かる気がします。


10. mick@管理人 2009年06月17日 10:39
カサブランカさん (*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ おはょっす!!
コメントありがとうございます。
やっぱり、ショックでしたね。
まもなく47歳の誕生日直前の事故でしたから・・・
ジャンボ鶴田選手が、肝臓移植手術失敗で、無くなった時もショックでしたが、今回はそれ以上でした。
鶴田選手のこともあり、生前から、ドナー提供に関する運動も積極的にされてたようですね。
合掌!!!

2009.10.22  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。