元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ご無沙汰してま~す

mickさんおひさぁ~(^o^)/

確かに厚さも少し和らいでクーラーの使用頻度も下がりました

ところでおいらは「イムジン河」の音源が欲しいので
彼らの納得のいくCDを物色してます^^
フォーク・クルセダーズはおいらにとっては
フォーク・クルセ『イ』ダーズだったりします
リアルタイムではないですが
やっぱり「帰ってきたヨッパライ」の印象が強くって…
メンバー的にははしだのりひこの印象は薄いんです
彼がメンバーだったことを知ったのは随分後でした
だからシューベルツやクライマックスの人だと思ってました

しかし「帰ってきたヨッパライ」を聴くとやっぱり「はじめてのチュウ」が浮かんでくる…笑(^^♪

2010.09.17  John  編集

フォークルは短期活動だったにもかかわらず、その
印象は強烈だったですね。

「悲しくてやりきれない」は カラオケの定番だし
カヴァー曲もいいです。

「イムジン河」は大好きだったのでCDが出た時はまっさきに買いました。
映画『パッチギ2』でも効果的に使われてましたね。

加藤和彦の存在があればこその映画だったのに残念でしたね。 

2010.09.17  まり  編集

Re: ご無沙汰してま~す

John さん 超お久しぶりです。

> 確かに厚さも少し和らいでクーラーの使用頻度も下がりました

朝夕は涼しいですね。
こちらは、いよいよ、岸和田だんじり祭りがこの連休にありますよ。

> ところでおいらは「イムジン河」の音源が欲しいので

当時、一部では、この音源を持ってる人もいるようですね、貴重やね。

> 彼らの納得のいくCDを物色してます^^

なるほど、こだわりのjohnさんですなぁ

> フォーク・クルセ『イ』ダーズだったりします

これは、フォークルから、クレームがあり、訂正したようですよ。
なにしろ、フォークの十字軍ですからね。

> リアルタイムではないですが
> やっぱり「帰ってきたヨッパライ」の印象が強くって…

私は、リアルタイムでしたから、これは面白いなぁって思ったもんです。

> メンバー的にははしだのりひこの印象は薄いんです

薄いですねたしかに・・・やっぱり、加藤和彦と北山修の印象大ですよね。

> だからシューベルツやクライマックスの人だと思ってました

ともに、大ヒットしましたからね。
はしだのりひことエンドレスは、あんまりヒットしませんでしたが。
シューベルツでは、メンバーの杉田二郎が、後に、ジローズを結成しましたね。

> しかし「帰ってきたヨッパライ」を聴くとやっぱり「はじめてのチュウ」が浮かんでくる…笑(^^♪

はぁ?  早回しの声からかなぁ・・・・

2010.09.17  mick  編集

Re: タイトルなし

まりさん いつも、私を見捨てずにコメントありがとうございます。

> フォークルは短期活動だったにもかかわらず、その
> 印象は強烈だったですね。

1年の活動期間でしたが、濃い内容でしたよね。

> 「悲しくてやりきれない」は カラオケの定番だし
> カヴァー曲もいいです。

たくさんの人がカバーしてますね。拓郎さんもカバーしてますね。

> 「イムジン河」は大好きだったのでCDが出た時はまっさきに買いました。

やっと、日の目を見たのは、ワールドカップ日韓開催の年でしたか?

> 映画『パッチギ2』でも効果的に使われてましたね。

ですよね、ですよね。

> 加藤和彦の存在があればこその映画だったのに残念でしたね。 

加藤和彦の出現によって、フォークの音楽センスとかファッションとか、大きく変わりましたよね。
その意味では、天才だったかもしれませんね。

2010.09.17  mick  編集

オッ ~懐かし屋

mickさん ご無沙汰てす

フォークの懐かしい歌聞いて
若くなったような・・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

なんとか 元気でおりますよ
足跡(*^‥^*) θθ□ペタッニャン ー!!

2010.09.18  シロ  編集

mickさん すっかりご無沙汰してしまいました。

「帰ってきたヨッパライ」と「悲しくてやりきれない」は幼少期にテレビで見たことがあります。
テレビでは、フォークルの姿は映らず、あやつり人形だったか?アニメのような映像と一緒に「帰って来たヨッパライ」の歌だけ流れてきていたような・・・ 
ぼんやりした記憶だけど、幼いながらも、あの早回しの声と歌詞は相当なインパクトでした。

はしだのりひこさんは、シューベルツやクライマックス時代の印象が強いですね。

2010.09.19  winechoco  編集

Re: オッ ~懐かし屋

シロさん 大変ご無沙汰です。

> フォークの懐かしい歌聞いて
> 若くなったような・・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

70年代は、音楽の宝庫というきあ、日本の音楽が、変化した時代でもありますね。
この時期にリアルタイムで過ごせたことは、ある意味ラッキーでしたよね。

> なんとか 元気でおりますよ
> 足跡(*^‥^*) θθ□ペタッニャン ー!!

足跡ありがとうです。

2010.09.22  mick  編集

Re: タイトルなし

winechoco さん こちらこそ、すっかりご無沙汰してますね。
さいきん、プライベートが忙しいのですよ。

> テレビでは、フォークルの姿は映らず、あやつり人形だったか?アニメのような映像と一緒に「帰って来たヨッパライ」の歌だけ流れてきていたような・・・

そうですね、今週のヒット速報とかいう番組みてましたよ。
GSが下火になったころに、出現した印象があります。
あの曲は、生では歌えませんものね、早回しですからね。
 
> ぼんやりした記憶だけど、幼いながらも、あの早回しの声と歌詞は相当なインパクトでした。

強烈なインパクトありましたよね。

> はしだのりひこさんは、シューベルツやクライマックス時代の印象が強いですね。

そうですよね、その印象がありますよね。

2010.09.22  mick  編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010.11.22    編集

Re: お久しぶりです!

ときドキッ! さん お久しぶりです。

> 「元気です。」
>
> かぁ~~(・・)?

どうもすいません・・・・元気ですよ。

2010.12.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

伝説のメロディ 蘇る日本のフォーク。その2

2010.09.16

category : フォーク・クルセダーズ

ザ・フォーク・クルセダーズ の衝撃

なんだか、きゅうに秋が来ましたね。
大阪も、きょうは雨模様で、涼しい風が吹いてます。
エアコンなんぞをかけて寝たら、完全に寝冷えしますよ。
みなさんのところは、如何ですか?
さて、前記事からの続きです。
今回は、伝説のグループ ザ・フォーク・クルセダーズの出現です。

取りあえず、聞いてください。

「帰ってきたヨッパライ」

b0100078_20404994.jpg



この曲を初めて聞いたのは、たしか中学3年生くらいの頃です。
ラジオから流れてました、私は、当時のオープンリールのテープレコーダーで、録音してよく聞いてました。
自分でも、早回しとかして、録音して歌ってましたね。
とても、興味をもった記憶あります。

世間では、アングラソングって呼ばれてました。なにしろ、アマチュアの発想で自主製作した曲が大ヒットですからね。
でも、音楽性は非常に、当時としては、高度でしたね。

レコードジャケットでは、ザ・フォーク・クルセイダーズとなっていますが、正式には、クルセダーズですね。
愛称は、フォークルって呼ばれてました。

この曲は、メンバーの卒業記念に自主製作で、作られたアルバムの中の1曲でした。
ところが、深夜放送のラジオで、火がついて、レコード会社争奪戦の末に、東芝が獲得し、1年限りの再結成として、フォークルは活動します。

当時のメンバーは、加藤和彦・北山修ともう一人は、卒業し就職するということで、急遽、端田宣彦が参加しました。
端田さんは、「帰ってきたヨッパライ」の時は、フォークルのメンバーじゃなかったんですね。

で、フォークルは、音楽界に大旋風を巻き起こして、約束通り、1年で解散しました。

「帰ってきたヨッパライ」の大ヒットの後、ザ・フォーク・クルセダーズのセカンド・シングルとして「イムジン河」という曲がえらばれましたが、この歌は、朝鮮学校で覚えた歌を、うろ覚えで加藤和彦に伝え、詞もうろ覚えなものを書き出し、フォークルのレパートリーにしていた… というもので、故に原曲とはちょっとズレた歌ではあったらしい。ということです。

ところが、この「イムジン河」は発売中止になってしまいます。

イムジン河とは朝鮮半島38度線付近を流れる臨津江のことで、つまりは“北”を指すところから、当時の、社会情勢からして、レコード会社が恐れて自粛した結果によるものだと思います。
以来“放送禁止”が解ける92年まで、この歌が放送で流れることはなかったようです。


しかし、この発売中止がきっかけで、素晴らしい名曲が誕生しました。

「悲しくてやりきれない」です。

b0100078_21274349.jpg

「イムジン河」が出せなくなり、急遽フォークルは新しい曲を作らなければならなくなりました。

この曲の誕生エピソードとして、プロデューサーに「3時間で曲を作れ!」と云われ、出版社の会長室に缶詰めにされた加藤和彦は、「イムジン河」の譜面をバラバラにしたり、逆さにしたりしているうちに曲の発想を得たそうです。
曲が出来上がると今度はサトー・ハチロー氏の処に連れて行かれ、すぐさま「悲しくてやりきれない」は完成したそうです。



んーん、なんかさびしくて悲しくて、切なくなりますね。名曲や・・・・

続いて、1968年の12月5日に発売されたフォークルのラストシングル「青年は荒野をめざす」です。
作詞は五木寛之さん、作曲は加藤和彦さんで、これも名曲です。

b0100078_22451898.jpg



こうして、音楽界に多大な影響を与えて、フォークルは、約束通り1年で解散します。

加藤和彦は、ソロ活動、北山修は、作詞家や司会、はしだのりひこは、シューベルツというグループを結成します。

では、最後に、「イムジン河」です。



次回は、フォークルファミリーと私が勝手に呼んでる、彼らが作った名曲を、紹介したいと思います。

コメント

ご無沙汰してま~す

mickさんおひさぁ~(^o^)/

確かに厚さも少し和らいでクーラーの使用頻度も下がりました

ところでおいらは「イムジン河」の音源が欲しいので
彼らの納得のいくCDを物色してます^^
フォーク・クルセダーズはおいらにとっては
フォーク・クルセ『イ』ダーズだったりします
リアルタイムではないですが
やっぱり「帰ってきたヨッパライ」の印象が強くって…
メンバー的にははしだのりひこの印象は薄いんです
彼がメンバーだったことを知ったのは随分後でした
だからシューベルツやクライマックスの人だと思ってました

しかし「帰ってきたヨッパライ」を聴くとやっぱり「はじめてのチュウ」が浮かんでくる…笑(^^♪

2010.09.17  John  編集

フォークルは短期活動だったにもかかわらず、その
印象は強烈だったですね。

「悲しくてやりきれない」は カラオケの定番だし
カヴァー曲もいいです。

「イムジン河」は大好きだったのでCDが出た時はまっさきに買いました。
映画『パッチギ2』でも効果的に使われてましたね。

加藤和彦の存在があればこその映画だったのに残念でしたね。 

2010.09.17  まり  編集

Re: ご無沙汰してま~す

John さん 超お久しぶりです。

> 確かに厚さも少し和らいでクーラーの使用頻度も下がりました

朝夕は涼しいですね。
こちらは、いよいよ、岸和田だんじり祭りがこの連休にありますよ。

> ところでおいらは「イムジン河」の音源が欲しいので

当時、一部では、この音源を持ってる人もいるようですね、貴重やね。

> 彼らの納得のいくCDを物色してます^^

なるほど、こだわりのjohnさんですなぁ

> フォーク・クルセ『イ』ダーズだったりします

これは、フォークルから、クレームがあり、訂正したようですよ。
なにしろ、フォークの十字軍ですからね。

> リアルタイムではないですが
> やっぱり「帰ってきたヨッパライ」の印象が強くって…

私は、リアルタイムでしたから、これは面白いなぁって思ったもんです。

> メンバー的にははしだのりひこの印象は薄いんです

薄いですねたしかに・・・やっぱり、加藤和彦と北山修の印象大ですよね。

> だからシューベルツやクライマックスの人だと思ってました

ともに、大ヒットしましたからね。
はしだのりひことエンドレスは、あんまりヒットしませんでしたが。
シューベルツでは、メンバーの杉田二郎が、後に、ジローズを結成しましたね。

> しかし「帰ってきたヨッパライ」を聴くとやっぱり「はじめてのチュウ」が浮かんでくる…笑(^^♪

はぁ?  早回しの声からかなぁ・・・・

2010.09.17  mick  編集

Re: タイトルなし

まりさん いつも、私を見捨てずにコメントありがとうございます。

> フォークルは短期活動だったにもかかわらず、その
> 印象は強烈だったですね。

1年の活動期間でしたが、濃い内容でしたよね。

> 「悲しくてやりきれない」は カラオケの定番だし
> カヴァー曲もいいです。

たくさんの人がカバーしてますね。拓郎さんもカバーしてますね。

> 「イムジン河」は大好きだったのでCDが出た時はまっさきに買いました。

やっと、日の目を見たのは、ワールドカップ日韓開催の年でしたか?

> 映画『パッチギ2』でも効果的に使われてましたね。

ですよね、ですよね。

> 加藤和彦の存在があればこその映画だったのに残念でしたね。 

加藤和彦の出現によって、フォークの音楽センスとかファッションとか、大きく変わりましたよね。
その意味では、天才だったかもしれませんね。

2010.09.17  mick  編集

オッ ~懐かし屋

mickさん ご無沙汰てす

フォークの懐かしい歌聞いて
若くなったような・・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

なんとか 元気でおりますよ
足跡(*^‥^*) θθ□ペタッニャン ー!!

2010.09.18  シロ  編集

mickさん すっかりご無沙汰してしまいました。

「帰ってきたヨッパライ」と「悲しくてやりきれない」は幼少期にテレビで見たことがあります。
テレビでは、フォークルの姿は映らず、あやつり人形だったか?アニメのような映像と一緒に「帰って来たヨッパライ」の歌だけ流れてきていたような・・・ 
ぼんやりした記憶だけど、幼いながらも、あの早回しの声と歌詞は相当なインパクトでした。

はしだのりひこさんは、シューベルツやクライマックス時代の印象が強いですね。

2010.09.19  winechoco  編集

Re: オッ ~懐かし屋

シロさん 大変ご無沙汰です。

> フォークの懐かしい歌聞いて
> 若くなったような・・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

70年代は、音楽の宝庫というきあ、日本の音楽が、変化した時代でもありますね。
この時期にリアルタイムで過ごせたことは、ある意味ラッキーでしたよね。

> なんとか 元気でおりますよ
> 足跡(*^‥^*) θθ□ペタッニャン ー!!

足跡ありがとうです。

2010.09.22  mick  編集

Re: タイトルなし

winechoco さん こちらこそ、すっかりご無沙汰してますね。
さいきん、プライベートが忙しいのですよ。

> テレビでは、フォークルの姿は映らず、あやつり人形だったか?アニメのような映像と一緒に「帰って来たヨッパライ」の歌だけ流れてきていたような・・・

そうですね、今週のヒット速報とかいう番組みてましたよ。
GSが下火になったころに、出現した印象があります。
あの曲は、生では歌えませんものね、早回しですからね。
 
> ぼんやりした記憶だけど、幼いながらも、あの早回しの声と歌詞は相当なインパクトでした。

強烈なインパクトありましたよね。

> はしだのりひこさんは、シューベルツやクライマックス時代の印象が強いですね。

そうですよね、その印象がありますよね。

2010.09.22  mick  編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010.11.22    編集

Re: お久しぶりです!

ときドキッ! さん お久しぶりです。

> 「元気です。」
>
> かぁ~~(・・)?

どうもすいません・・・・元気ですよ。

2010.12.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。