元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

カントリーがないのです。

今晩わっち mickはん
私には故郷がないのです。生まれ育ち、今も住んでいる地だからです。
あ~あ、カントリー・ロード羨ましいです。

私は、「アニーズ・ソング」が一番好きですな。
この曲を聴くと、数々の諸行を洗い流してくれる。
そう思えます。

2010.04.28  恐妻家のミック  編集

Re: カントリーがないのです。

恐妻家のミック さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚

> 私には故郷がないのです。生まれ育ち、今も住んでいる地だからです。

北海道じたいが、カントリーロードじゃないですか、うらやましいですね。
ぜいたく、いっちゃいかんです。

> あ~あ、カントリー・ロード羨ましいです。

まだ、言うか・・・

> 私は、「アニーズ・ソング」が一番好きですな。

やっぱりね、そうだろねって感じですね。

> この曲を聴くと、数々の諸行を洗い流してくれる。
> そう思えます。

納得です、恐妻家から愛妻家へ・・・ですね。

2010.04.28  mick  編集

えっ、知らなかった・・・。

ジョン・デンバー、死んじゃってたんですか。
全然知らなかったです。
97年ですか。
ご冥福を・・・・・。

2010.04.28  YASU  編集

Re: えっ、知らなかった・・・。

YASU さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚

ええ・・知らなかったんですか?

2010.04.28  mick  編集

ありがとうございます☆

mickさん

素敵な記事を書いてくださりありがとうございます☆

今、じっくりとコメントする元気がないので、パワーアップしたら、またこちらにコメント入れさせていただきますね☆

2010.04.29  マーヤ  編集

Re: ありがとうございます☆

マーヤ さん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)

> 素敵な記事を書いてくださりありがとうございます☆

いえいえ、マーヤさんの記事に比べたら、月とすっぽんですよ。
でも、調べながら、曲を聴きながらって作業は楽しかったですよ。
ジョン・デンバーいいですねぇ。

> 今、じっくりとコメントする元気がないので、パワーアップしたら、またこちらにコメント入れさせていただきますね☆

体調不良のようですね、マイペースでいいんですよ、充電したら股きてくださいね。

2010.04.29  mick  編集

さわやか~(*^。^*)

ジョン・デンバーのこの曲は名曲ですね
こんな故郷があれば豊かな人生をおくれるでしょう♪

ジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなったのは有名ですよね。

2010.04.29  まり  編集

☆故郷へ帰りたい☆

mickさん、おはようございます☆v-278

うちも連休なしです・・・(^^ゞ

大好きなジョン・デンバーの写真も動画もいっぱいで楽しい記事にしていただき感謝感激ですv-344

確か朝の番組でオリビア・ニュートン・ジョンの「故郷へ帰りたい」をずっと流していたそうですね。それでオリビアのほうが印象に残っているのでしょうね~。

>デンバー本人は実は一度も歌の舞台であるウェストヴァージニア州に行った事がなかったということです。

これはウィキにそう書いてありますが、多分違うと思います。年間200公演もライブをこなしたくらいですから、アメリカ中をまわったはずです。この作品の最初の節の作詞作曲をしたのがビル・ダノフとタッフィー・ニバートで、ウエスト・バージニアに行ったこともないのに、この歌詞を書いたのです。でも、後ほどこの歌詞の地域を訪問して、その美しさにッ感動したそうです。ちなみにこの歌の作者はビルとタッフィーとジョンの3人です。詳しくは私の記事にいつか書きますねv-221

それと「緑の風のアニー」の誕生秘話もウィキとはちょっと違うのです。本当はスキーのリフトに乗っている時に歌が思い浮かび、本の10分ほどで完成したそうです。これはジョン自身が何度もその話をしているので、間違いないですv-22

>かれの、カントリーソングは、大自然とともに、歌い継がれてゆくことでしょうね。

mickさんの真心を感じる記事でした。いつかmickさんの記事もご紹介するようにしたいと思っています。

このコメント、長すぎますが(笑)、お許しくださいませv-436

それでは今日も良い一日を~v-485

2010.04.30  マーヤ  編集

Re: さわやか~(*^。^*)

まりさん こんにちわ

> ジョン・デンバーのこの曲は名曲ですね

オリビアでの曲のイメージあるんですが、やはり本家もいいですね。

> こんな故郷があれば豊かな人生をおくれるでしょう♪

ほんと、この歌の故郷に行ってみたいですね。

> ジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなったのは有名ですよね。

残念でしたよね、このことはニュースでしってましたが、もうだいぶ昔になりましたね。

2010.04.30  mick  編集

Re: ☆故郷へ帰りたい☆

マーヤさん こんにちわ

> うちも連休なしです・・・(^^ゞ

仕事ですか、同じですね。

> 大好きなジョン・デンバーの写真も動画もいっぱいで楽しい記事にしていただき感謝感激ですv-344

私の場合は、文章力が貧困なので、動画と写真で、ごまかしてるんですよ。

> 確か朝の番組でオリビア・ニュートン・ジョンの「故郷へ帰りたい」をずっと流していたそうですね。それでオリビアのほうが印象に残っているのでしょうね~。
>
そうです、中学の頃に、あさの番組で「ヤング720」って番組あって、そこで、この曲流してました。

> これはウィキにそう書いてありますが、多分違うと思います。年間200公演もライブをこ

ウイキペディは半信半疑で、参考にしてますが、実際は、こんだけ公演してたら、いってるでしょうね、そう考えたほうがまともでしよね。
だれか、間違ってたら、指摘してくれるだろうとは、思って書いてましたが・・・・流石マーヤさん。

> それと「緑の風のアニー」の誕生秘話もウィキとはちょっと違うのです。

これも、どうなんだろうか?って思いつつ引用しました、ほんとにマーヤさんは、ジョン・デンバー好きなんですね。勉強になります、ありがとうです。

> mickさんの真心を感じる記事でした。いつかmickさんの記事もご紹介するようにしたいと思っています。

私はミーハーなんで、知ってる曲ジョン・デンバーに関しては、少ないのですが、曲を聴いてると、素朴でいいなぁって思いました。

ありがとうございます、照れますね。



> それでは今日も良い一日を~v-485

2010.04.30  mick  編集

こんばんはv-85

あ、こちらもあったのですね(笑)
わたくし、あちらのブログにコメントして終了するところでした^^

この曲は、たしか中学の英語の時間に歌わされましたよ(笑)
たぶん、耳コピではなくちゃんと歌詞を覚えて歌った最初の曲ではなかったか?と思われます!^^

いきなりの事で訳が分からなかったのではないか?と思いますが、この度はクイズに参加していただいてありがとうございます!
わたくし、そんなに手強くはないのでご安心を・・・(爆

2010.05.01  とも  編集

Re: タイトルなし

ともさん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○

> あ、こちらもあったのですね(笑)

あちらの、ブログへも訪問ありがとうです。

> この曲は、たしか中学の英語の時間に歌わされましたよ(笑)

へぇへぇ・・・そうなんですか?

> たぶん、耳コピではなくちゃんと歌詞を覚えて歌った最初の曲ではなかったか?と思われます!^^

なるほど、楽しい英語の授業だったんですね。

> いきなりの事で訳が分からなかったのではないか?と思いますが、この度はクイズに参加していただいてありがとうございます!

まったく、何のことかわからずに、無謀にも参加してしまいました、しかも、見事に当たって、あんな素晴らしい景品まで、いただけるとは夢にも思っておりませんでした。
まだ、完食しておりません^^;

> わたくし、そんなに手強くはないのでご安心を・・・(爆

何をおっしゃる、ご謙遜を・・・いきなり、かまされましたがな。

2010.05.01  mick  編集

こんばんは

こんばんは、ミックさん。
ジョン・デンバーはベストヒットUSAの特集を見て好きになりました。あと80年代にグラミー賞の司会をやっていたのが印象に残ってます♪「カントリーロード」は名曲ですよね。個人的には「太陽を背に受けて」がお気に入り曲でした。自家用セスナが墜落して亡くなった時はショックでしたよ。

2010.05.01  かなやん  編集

Re: こんばんは

かなやんさん ( ´。`)スゥーーー・・・ (o´Д`)oオハヨォォォォ

カントリーロードはほんとに名曲ですよね。
なるほど、80年代にグラミー賞の司会やってたんですね、流石80年代の洋楽には、かなやんさんは詳しいですね。

ところで、かなやんさんちのブログは、放置状態ですが、そろそろ更新期待してます。

2010.05.02  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「カントリー・ロード 故郷へ帰りたい」♪ ジョン・デンバー

2010.04.28

category : JOHN DENVER

いよいよゴールデン・ウイークですね。
みなさん、大型連休は烏賊が御過ごしでしょうか?
29日から7連休?もしくは、11連休って人もいるんでしょうね。ええなぁ・・・
私は、連休中は、仕事三昧です。3日の日は休み貰って、連休終わってから、京都か奈良でも行こうかと思ってます。
さて、こんな大型連休で、故郷へ帰る人も多いと思います。

今回紹介するのは、そんな連休にちなんで、カントリー・ロード 故郷へ帰りたい」」です。

「カントリーロード(Take Me Home, Country Roads)」は、アメリカのシンガーソングライターとして有名な
ジョン・デンバーの1971年のヒット曲です。

この曲は、オリビア・ニュートン=ジョンをはじめ、数多くのアーティストがカバーしているほか、日本でも映画「耳をすませば」の挿入歌として用いられたことで有名ですね。
私は、本家のジョン・デンバーよりも、オリビア・ニュートン・ジョンのカバーで、聴いてたので、オリビアのイメージが強いのですよ、ジョン・デンバーファンのみなさん、ごめんなさい。

で、あらためて、ジョン・デンバー取り上げて見ました。
「カントリーロード」の他にも「緑の風のアニー (Annie's Song)」、「ロッキー・マウンテン・ハイ (Rocky Mountain High) 」など数々のヒット曲を生み出し、1970年代のアメリカフォークソングにおいて中心的な役割を果たしたしているんですね。

ジョン・デンバーに関しては、常連さんの「マーヤさん」がとても素敵なブログ「始まりはいつもジョン・デンバー」
というブログを開設してますので、興味あるかたは、是非、尋ねてみてください。
とても詳しく紹介しています。


ジョン・デンバー

1. 故郷へかえりたい
2. 悲しみのジェット・プレーン
3. フォロー・ミー
4. オールド・デキシー・ダウン
5. ミスター・ボージャングル
6. マイ・スウィート・レディ
7. 彼はコロラドにいるだろう
8. 太陽を背にうけて
9. シティ・オブ・ニュー・オーリンズ
10. ロッキー・マウンテン・ハイ
11. マザー・ネイチャーズ・サン
12. さすらいのカウボーイ
13. ダーシィー・ファロー
14. プリーズ,ダディ
15. モンゴメリーの天使
16. 愛の河は流れる
17. すばらしきカントリー・ボーイ
18. 緑の風のアニー
19. スウィート・サレンダー
20. バック・ホーム・アゲイン
このアルバムは、ジョン・デンバーの入門書として、聴いて見ては如何でしょうか?

では、本家で カントリーロードTake Me Home, Country Roads




天国のような ウェストバージニア
ブルーリッジ山  シェナンドー川
木々より長く 山々より若く
そよ風のように 人々は暮らしている

カントリーロード 僕を連れていってよ
僕が育ったあの場所へ
ウェストバージニアの 母なる山々へ
僕を連れていってよ カントリーロード

思い出すのは あの娘のことばかり
あの青い水をたたえた故郷から いま遠くはなれて
目ににじんだ涙は 大空を暗く塗りこめ
月明かりを かすませる

その朝 僕には聴こえたんだ あの娘が僕を呼ぶ声が
ラジオから聴こえる音は 僕の心を あの場所まで運んでくれる
はやる気持ちで 車で飛ばしながら 僕は思った
ああ なぜ僕は いままで帰ろうとしなかったんだろう

カントリーロード 僕を連れていってよ
僕が育ったあの場所へ
ウェストバージニアの 母なる山々へ
僕を連れていってよ カントリーロード~




まさに、故郷に帰りたい、懐かしい人や、故郷の景色、あーかえりたいなぁ、故郷は暖かくむかえてくれるかなぁって、せまってくるものがありますね。
私も、大型連休あれば、故郷、熊本へ帰ってみたい・・・そんな気分にさせてくれる名曲ですね。

デンバー本人は実は一度も歌の舞台であるウェストヴァージニア州に行った事がなかったということです。

それでは、オリビア・ニュートン・ジョンで・・・行きます

photo_35.jpg




こちらは、スタジオジブリ作品「耳をすませば」から

カントリーロード-本名陽子



なんか、イメージがずいぶん違いますね。
本家の歌詞とは、違ってますね。

カントリーロード この道 ずっとゆけば
あの街に 続いてる 気がする カントリーロード

ひとりぼっち 恐れずに 生きようと 夢みてた
さみしさ 押し込めて 強い自分を守っていこう

歩き疲れ たたずむと 浮かんで来る 故郷の街
丘をまく 坂の道 そんな僕を 叱っている

どんな挫けそうな時だって 決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく 思い出 消すため

カントリーロード この道 故郷へつづいても
僕は 行かないさ 行けない カントリーロード

カントリーロード 明日は いつもの僕さ
帰りたい 帰れない さよなら カントリーロード



歌詞が、本家とちがって、故郷へは」帰りたくない、決別宣言のような、歌詞ですね。
私は、やっぱり本家の歌詞が好きです。

大自然への郷愁、賛歌ということでは、ジョン・デンバーは、すばらしいシンガーだと思います。

ジョン・デンバーの曲は、素朴な中に哀愁を帯びた独特の雰囲気がありますね。
彼が弾くギターの音色もとても素敵ですね。

彼は、ニューメキシコのロズウェルで生まれ、空軍パイロットだった父について、アメリカ国内のさまざまなところで育ってます。
アメリカの大自然やそこに生きる人々の生活に触れることで彼の音楽が、大自然や家族愛への幸福な賛歌になったんでしょうね。

では、彼のヒット曲を、ミーハーに紹介します。

アルバム「ロッキー・マウンテン・ハイ」よりロッキー・マウンテン・ハイ

マウント

ジョン・デンバー=大自然というイメージを定着させた曲です。

ジョン・デンバーの自叙伝によると、妻のアニーや友人たちとウィリアムス湖にペルセウス座流星群を見に行って、まるで星が空に影を落とすような、圧倒的な星空の美しさに彼は大変感動した。
そのときの体験が元になって「魂の自由や大自然の中に存在する歓喜の気持ちを歌おうと思った」という。
このアルバムでは、そんなジョン・デンバーの大自然に対する思いのすべてが語られているようだと、言われているアルバムです。



コロラド州アスペンのリオグランデ州立公園には、デンバーの作品「ロッキー・マウンテン・ハイ」を讃える記念碑があるそうです。
ロッキー・マウンテン・ハイは、現在アメリカ・コロラド州の公式な州歌に採用されているということです。

記念碑


アルバム「バック・ホーム・アゲイン」から 緑の風のアニー 1974年

アニー

「緑の風のアニー」は、ジャケットに一緒に写っている妻のアニーとの深刻な別居生活の後、よりを戻した直後にスキー・リフトの上で書かれたということです。
スキー・リフトから見える自然の姿が溶け合って、そのイメージが最後にアニーへの愛情へと変化していく様子が歌われています。





緑の風のアニーは、当時ジョン・デンバーの妻であった Annie Denver (旧姓 Annie Martel) に捧げた叙情詩(じょじょうし)である。
Annie は、アメリカのミネソタ州スリーピーアイ出身である。ミネソタ州の New Ulm 近郊の州立公園を二人で散歩していたとき、デンバーは周囲の景色の素晴らしさに感嘆しつつ、同時に妻のことに想いをはせながら、数分の内にこの曲を書き上げたとされる。
この曲が流行するようになって以降、多くの人々の間で結婚式の際頻繁に演奏されるようなったり、相手に愛情を表現するための代わりに利用されるようになった。
その理由は、この曲が聞き手の想像力に素晴らしく訴えるだけでなく、歌詞が誰にとっても普遍的な意味を含んでいるからである。
ただし歌詞の中には、Annie という名前は一言も出て来ない。 ウィキペディアよりしっかり引用しました^^;





1997年10月12日、米国内ツアーを終えて、カリフォルニアで休日を過ごしていたが、自ら操縦していた飛行機が燃料切れで墜落して死亡。
かれの、カントリーソングは、大自然とともに、歌い継がれてゆくことでしょうね。

tags : ジョン・デンバー カントリー・ロード オリビア・ニュートン・ジョン 

コメント

カントリーがないのです。

今晩わっち mickはん
私には故郷がないのです。生まれ育ち、今も住んでいる地だからです。
あ~あ、カントリー・ロード羨ましいです。

私は、「アニーズ・ソング」が一番好きですな。
この曲を聴くと、数々の諸行を洗い流してくれる。
そう思えます。

2010.04.28  恐妻家のミック  編集

Re: カントリーがないのです。

恐妻家のミック さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚

> 私には故郷がないのです。生まれ育ち、今も住んでいる地だからです。

北海道じたいが、カントリーロードじゃないですか、うらやましいですね。
ぜいたく、いっちゃいかんです。

> あ~あ、カントリー・ロード羨ましいです。

まだ、言うか・・・

> 私は、「アニーズ・ソング」が一番好きですな。

やっぱりね、そうだろねって感じですね。

> この曲を聴くと、数々の諸行を洗い流してくれる。
> そう思えます。

納得です、恐妻家から愛妻家へ・・・ですね。

2010.04.28  mick  編集

えっ、知らなかった・・・。

ジョン・デンバー、死んじゃってたんですか。
全然知らなかったです。
97年ですか。
ご冥福を・・・・・。

2010.04.28  YASU  編集

Re: えっ、知らなかった・・・。

YASU さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚

ええ・・知らなかったんですか?

2010.04.28  mick  編集

ありがとうございます☆

mickさん

素敵な記事を書いてくださりありがとうございます☆

今、じっくりとコメントする元気がないので、パワーアップしたら、またこちらにコメント入れさせていただきますね☆

2010.04.29  マーヤ  編集

Re: ありがとうございます☆

マーヤ さん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)

> 素敵な記事を書いてくださりありがとうございます☆

いえいえ、マーヤさんの記事に比べたら、月とすっぽんですよ。
でも、調べながら、曲を聴きながらって作業は楽しかったですよ。
ジョン・デンバーいいですねぇ。

> 今、じっくりとコメントする元気がないので、パワーアップしたら、またこちらにコメント入れさせていただきますね☆

体調不良のようですね、マイペースでいいんですよ、充電したら股きてくださいね。

2010.04.29  mick  編集

さわやか~(*^。^*)

ジョン・デンバーのこの曲は名曲ですね
こんな故郷があれば豊かな人生をおくれるでしょう♪

ジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなったのは有名ですよね。

2010.04.29  まり  編集

☆故郷へ帰りたい☆

mickさん、おはようございます☆v-278

うちも連休なしです・・・(^^ゞ

大好きなジョン・デンバーの写真も動画もいっぱいで楽しい記事にしていただき感謝感激ですv-344

確か朝の番組でオリビア・ニュートン・ジョンの「故郷へ帰りたい」をずっと流していたそうですね。それでオリビアのほうが印象に残っているのでしょうね~。

>デンバー本人は実は一度も歌の舞台であるウェストヴァージニア州に行った事がなかったということです。

これはウィキにそう書いてありますが、多分違うと思います。年間200公演もライブをこなしたくらいですから、アメリカ中をまわったはずです。この作品の最初の節の作詞作曲をしたのがビル・ダノフとタッフィー・ニバートで、ウエスト・バージニアに行ったこともないのに、この歌詞を書いたのです。でも、後ほどこの歌詞の地域を訪問して、その美しさにッ感動したそうです。ちなみにこの歌の作者はビルとタッフィーとジョンの3人です。詳しくは私の記事にいつか書きますねv-221

それと「緑の風のアニー」の誕生秘話もウィキとはちょっと違うのです。本当はスキーのリフトに乗っている時に歌が思い浮かび、本の10分ほどで完成したそうです。これはジョン自身が何度もその話をしているので、間違いないですv-22

>かれの、カントリーソングは、大自然とともに、歌い継がれてゆくことでしょうね。

mickさんの真心を感じる記事でした。いつかmickさんの記事もご紹介するようにしたいと思っています。

このコメント、長すぎますが(笑)、お許しくださいませv-436

それでは今日も良い一日を~v-485

2010.04.30  マーヤ  編集

Re: さわやか~(*^。^*)

まりさん こんにちわ

> ジョン・デンバーのこの曲は名曲ですね

オリビアでの曲のイメージあるんですが、やはり本家もいいですね。

> こんな故郷があれば豊かな人生をおくれるでしょう♪

ほんと、この歌の故郷に行ってみたいですね。

> ジョン・デンバーが飛行機事故で亡くなったのは有名ですよね。

残念でしたよね、このことはニュースでしってましたが、もうだいぶ昔になりましたね。

2010.04.30  mick  編集

Re: ☆故郷へ帰りたい☆

マーヤさん こんにちわ

> うちも連休なしです・・・(^^ゞ

仕事ですか、同じですね。

> 大好きなジョン・デンバーの写真も動画もいっぱいで楽しい記事にしていただき感謝感激ですv-344

私の場合は、文章力が貧困なので、動画と写真で、ごまかしてるんですよ。

> 確か朝の番組でオリビア・ニュートン・ジョンの「故郷へ帰りたい」をずっと流していたそうですね。それでオリビアのほうが印象に残っているのでしょうね~。
>
そうです、中学の頃に、あさの番組で「ヤング720」って番組あって、そこで、この曲流してました。

> これはウィキにそう書いてありますが、多分違うと思います。年間200公演もライブをこ

ウイキペディは半信半疑で、参考にしてますが、実際は、こんだけ公演してたら、いってるでしょうね、そう考えたほうがまともでしよね。
だれか、間違ってたら、指摘してくれるだろうとは、思って書いてましたが・・・・流石マーヤさん。

> それと「緑の風のアニー」の誕生秘話もウィキとはちょっと違うのです。

これも、どうなんだろうか?って思いつつ引用しました、ほんとにマーヤさんは、ジョン・デンバー好きなんですね。勉強になります、ありがとうです。

> mickさんの真心を感じる記事でした。いつかmickさんの記事もご紹介するようにしたいと思っています。

私はミーハーなんで、知ってる曲ジョン・デンバーに関しては、少ないのですが、曲を聴いてると、素朴でいいなぁって思いました。

ありがとうございます、照れますね。



> それでは今日も良い一日を~v-485

2010.04.30  mick  編集

こんばんはv-85

あ、こちらもあったのですね(笑)
わたくし、あちらのブログにコメントして終了するところでした^^

この曲は、たしか中学の英語の時間に歌わされましたよ(笑)
たぶん、耳コピではなくちゃんと歌詞を覚えて歌った最初の曲ではなかったか?と思われます!^^

いきなりの事で訳が分からなかったのではないか?と思いますが、この度はクイズに参加していただいてありがとうございます!
わたくし、そんなに手強くはないのでご安心を・・・(爆

2010.05.01  とも  編集

Re: タイトルなし

ともさん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○

> あ、こちらもあったのですね(笑)

あちらの、ブログへも訪問ありがとうです。

> この曲は、たしか中学の英語の時間に歌わされましたよ(笑)

へぇへぇ・・・そうなんですか?

> たぶん、耳コピではなくちゃんと歌詞を覚えて歌った最初の曲ではなかったか?と思われます!^^

なるほど、楽しい英語の授業だったんですね。

> いきなりの事で訳が分からなかったのではないか?と思いますが、この度はクイズに参加していただいてありがとうございます!

まったく、何のことかわからずに、無謀にも参加してしまいました、しかも、見事に当たって、あんな素晴らしい景品まで、いただけるとは夢にも思っておりませんでした。
まだ、完食しておりません^^;

> わたくし、そんなに手強くはないのでご安心を・・・(爆

何をおっしゃる、ご謙遜を・・・いきなり、かまされましたがな。

2010.05.01  mick  編集

こんばんは

こんばんは、ミックさん。
ジョン・デンバーはベストヒットUSAの特集を見て好きになりました。あと80年代にグラミー賞の司会をやっていたのが印象に残ってます♪「カントリーロード」は名曲ですよね。個人的には「太陽を背に受けて」がお気に入り曲でした。自家用セスナが墜落して亡くなった時はショックでしたよ。

2010.05.01  かなやん  編集

Re: こんばんは

かなやんさん ( ´。`)スゥーーー・・・ (o´Д`)oオハヨォォォォ

カントリーロードはほんとに名曲ですよね。
なるほど、80年代にグラミー賞の司会やってたんですね、流石80年代の洋楽には、かなやんさんは詳しいですね。

ところで、かなやんさんちのブログは、放置状態ですが、そろそろ更新期待してます。

2010.05.02  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。