元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

憶えてますか?

以前、時々おじゃましていた福岡市の『アコースティックサウンドの世界』のToshinosukeと申します。

相変わらず、素晴らしい<拓郎オタク>ぶりですね!
私も2年程前このアルバムについて書きましたが、やっぱり最高の1枚、全ての曲が完璧です。ポスター懐かしい・・・忘れてました。
「まにあうかもしれない」の歌詞が自分にぴったりでよく歌っていました。

このアルバムもそうですが、当時のフォークは、スタジオ・ミュージシャン石川鷹彦のアコギぬきには考えられませんね。

2010.03.02  Toshinosuke  編集

拓郎は、このアルバムを一番聴きました

拓郎はこのアルバムの曲に思いいれがあります。
「夏休み」や「りんご」「たどりついたらいつも雨降り」戻れないあの頃だけど
こうしてmickさんのブログでみずみずしい歌詞を思い出しています。

拓郎展いってみたいなあ、、、

2010.03.03  まり  編集

Re: 憶えてますか?

のToshinosukeさん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○

> 私も2年程前このアルバムについて書きましたが、やっぱり最高の1枚、全ての曲が完璧です。ポスター懐かしい・・・忘れてました。

このアルバムはまさに、拓郎さんの絶頂期でしたね。一番よく聴いたアルバムですよ。すべての曲がどれも、すばらしいですね。

> このアルバムもそうですが、当時のフォークは、スタジオ・ミュージシャン石川鷹彦のアコギぬきには考えられませんね。

このアルバムでも参加されてるようですね。
拓郎さんは、ヤマハからギブゾンに変えたころですね。
この拓郎さんのギブソンは故・加藤和彦さんからもらったもので、拓郎さんも非常に気に入り10年つかったそうです。
石川鷹彦さんも、この拓郎さんのギブシンをよく、借りてレコーディングしたそうですよ。

2010.03.04  mick  編集

Re: 拓郎は、このアルバムを一番聴きました

まりさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚

> 拓郎はこのアルバムの曲に思いいれがあります。

このアルバムは最高傑作でしょうね。

> 「夏休み」や「りんご」「たどりついたらいつも雨降り」戻れないあの頃だけど
> こうしてmickさんのブログでみずみずしい歌詞を思い出しています。

どの曲も、素晴らしいできですよね、シングルカットされてもおかしくないくらいの出来ですよね。

> 拓郎展いってみたいなあ、、、

大阪で、明日から始まりますね、私も行きますよ。

2010.03.04  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「元気です。」 よしだたくろう

2010.03.01

category : 吉田拓郎

きょうは、仕事休みです。
朝から、冬季五輪閉会式観ておりました。
しかし、早いもので、もう3月ですね、はやく暖かくなって欲しいです。

今回は、久々に拓郎さんネタで・・・・

吉田拓郎展が今、全国で展開されてるんですが、いよいよ大阪でも開催されますね。

拓郎展

2010/03/05(金)~2010/03/22(月・祝)
開場:11:00
閉館:20:00
※入場は閉場の30分前まで(最終日のみ18時までの入場)
会場 道頓堀・中座くいだおれビル4階「studio ZAZA」

大阪のファンの方は、足を運んでみてはどうでしょうか?
私も、行ってみようかなって思っております。

さて、本日紹介するアルバムは、「元気です。です。

2L-00758.jpg

1972.07.21発売 3rdアルバム
春だったね/せんこう花火/加川良の手紙/親切/夏休み/馬/たどり着いたらいつも雨降り/高円寺/こっちを向いてくれ/まにあうかもしれない/リンゴ/また会おう/旅の宿 (アルバムヴァージョン)/祭りのあと/ガラスの言葉

拓郎さん最大のセールスを記録したアルバムです。又 これは、エレックからCBSソニー移籍後のアルバムですね。

この頃の拓郎さんは、もう飛ぶ鳥を落とす勢いで、このアルバムの作品は、どの曲もシングルカットされてもいいくらいの名曲揃いです。

このアルバムを購入すると、当事この写真のポスターが付いておりましたね。

200906_27_99_b0033699_11392022.jpg

72年の1月に、「結婚しようよ」が42万枚。

この曲は、以前紹介してますが、当事付き合ってた、小室等と六文銭のボーカル「四角圭子さん」(最初の夫人)との、プロポーズのことを歌ってます。
四角圭子さんは、大阪の泉州岸和田出身で、もともと西野バレエ団所属だったんですが、その後六文銭に加入。
私の、知り合いが実家の近所に住んでるので、その当事は、びっくりしたよ言ってましたね。

200906_18_99_b0033699_1134595.jpg

6月に「旅の宿」が70万枚とシングルヒット連発の拓郎さんが、エレックからCBSソニーのワンマンレーベル「オデッセィレーベル」に移籍し、満を持してリリースしたアルバムでした。

200906_18_99_b0033699_11352558.jpg

「旅の宿」は、私が学生の頃に、北海道に旅行中にヒットしてました。
シングルバージョンとアルバムバージョンはアレンジが全然ちがうのですよ。

よしだたくろう <旅の宿> 1972 シングルバージョン



アルバム1曲目の「春だったね」は、完全にボブ・ディランを意識してます。本人も言ってますが、パクッてます。

春の明るい日差しに包まれた、陽気なメロディがとても印象的なきょくですね。
この曲も、以前に紹介してますので、探してみてください。

2曲目の「せんこう花火」は、マンドリンが印象的ですね。

せんこう花火 よしだたくろう



続いて「加川良の手紙」ですが、これも過去記事紹介してます。
加川良の手紙に、メロディが乗っかって、のほほんとしたいい雰囲気ですね。

「親切」
よけいなお世話、ありがた迷惑な親切?苛立ってますね。



「夏休み」はご存知拓郎さんの代表的な曲ですが、このアルバムでは、素敵なアレンジで仕上げられてますね。


「馬」この曲は、人を食ったような歌詞に曲、ときどき拓郎さんは、こういった曲を遊び心で作ってしまうのです。




「たどりついたらいつも雨降り」この曲は、モップスに提供した作品なので、モップスのイメージが大ですが、拓郎さんは、12弦とバンジョーで、アコースティックなアレンジで歌ってますね。
元歌は、「どうにかならないか、女の子」っていうタイトルだったのです。


「高円寺」昔、フォーク系ミュージシャンは、吉祥寺やこのあたりに結構住んでたようです。
この歌詞の内容は、結構経験してたりします。
コピーしてよく歌ってました。



「リンゴ」2本のアコギがたまらん、カッコええ曲です。これも、よくコピーして歌ってましたよ。



「また会おう」この曲もいいですね、シャウトする拓郎!!最高です。



「旅の宿」ここでは、アコギの弾き語りというシンプルなアレンジですが、私は、こちらのほうが気に入ってます。




「祭りのあと」これも、名曲です。あの美空ひばりさんも、この曲を歌ってましたね。



「ガラスの言葉」この曲は、及川恒平氏の作詞です。なんかけだるくて、不思議な世界ですね。



ようつべでは、できるだけ動画を掲載したかったんですが、貼り付け禁止が多いですね。
まぁ、じっくりと曲に耳を傾けてください。

如何でしたかな、「元気です。このアルバムはやぱり70年代を代表する名盤ですね。
私が、もし無人島で生活するなら、必ず持ってゆきたいアルバムです。

tags : 吉田拓郎 元気です。 よしだたくろう 

コメント

憶えてますか?

以前、時々おじゃましていた福岡市の『アコースティックサウンドの世界』のToshinosukeと申します。

相変わらず、素晴らしい<拓郎オタク>ぶりですね!
私も2年程前このアルバムについて書きましたが、やっぱり最高の1枚、全ての曲が完璧です。ポスター懐かしい・・・忘れてました。
「まにあうかもしれない」の歌詞が自分にぴったりでよく歌っていました。

このアルバムもそうですが、当時のフォークは、スタジオ・ミュージシャン石川鷹彦のアコギぬきには考えられませんね。

2010.03.02  Toshinosuke  編集

拓郎は、このアルバムを一番聴きました

拓郎はこのアルバムの曲に思いいれがあります。
「夏休み」や「りんご」「たどりついたらいつも雨降り」戻れないあの頃だけど
こうしてmickさんのブログでみずみずしい歌詞を思い出しています。

拓郎展いってみたいなあ、、、

2010.03.03  まり  編集

Re: 憶えてますか?

のToshinosukeさん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○

> 私も2年程前このアルバムについて書きましたが、やっぱり最高の1枚、全ての曲が完璧です。ポスター懐かしい・・・忘れてました。

このアルバムはまさに、拓郎さんの絶頂期でしたね。一番よく聴いたアルバムですよ。すべての曲がどれも、すばらしいですね。

> このアルバムもそうですが、当時のフォークは、スタジオ・ミュージシャン石川鷹彦のアコギぬきには考えられませんね。

このアルバムでも参加されてるようですね。
拓郎さんは、ヤマハからギブゾンに変えたころですね。
この拓郎さんのギブソンは故・加藤和彦さんからもらったもので、拓郎さんも非常に気に入り10年つかったそうです。
石川鷹彦さんも、この拓郎さんのギブシンをよく、借りてレコーディングしたそうですよ。

2010.03.04  mick  編集

Re: 拓郎は、このアルバムを一番聴きました

まりさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚

> 拓郎はこのアルバムの曲に思いいれがあります。

このアルバムは最高傑作でしょうね。

> 「夏休み」や「りんご」「たどりついたらいつも雨降り」戻れないあの頃だけど
> こうしてmickさんのブログでみずみずしい歌詞を思い出しています。

どの曲も、素晴らしいできですよね、シングルカットされてもおかしくないくらいの出来ですよね。

> 拓郎展いってみたいなあ、、、

大阪で、明日から始まりますね、私も行きますよ。

2010.03.04  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。