元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメント一覧
1. リサパパ 2008年09月06日 16:44
mick.兄さま こんにちわ♪
「Get it on」
久しぶりに聞きました。良いですねー


2. mick 2008年09月06日 19:01
私がTレックスを聞き始めたのは18歳の頃です。
何か惹きつけるものがあったんですよマーク・ボランって・・・


3. マーボウ 2008年09月06日 19:27
こんばんU・w・Uワン!!!
あっっマーク・ボランだぁ~
グラムロックの神様ダスね(*^_^*)
ユニセックスの代表格ダスよね、デビッド・ボウイより彼の方が魅力的ダス(*^。^*)
おぉ~このジャケ舎はオイラの為にのせてくれたんダスね!ありがトーマス。
「魔術・呪術」と言えば、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアを思い出しマウス。
「get it on」最高ダスね(*^^)v 「メタル・グルー」と共に名曲ダス(^^♪
全曲完全制覇!素敵な音楽をサンキューm(__)m


4. mick 2008年09月06日 20:05
マーボウさんやないかーい・・・
ソウダス、グラムロックの神様、仏様だす。
フランスで魔女と遭遇して、魔術や錬金術を習得したそうダス。
29歳で、本人の予言どおり亡くなったのですが、これはロックの英雄になるかわりに、30歳までで、亡くなるって取り決めしてたんダスな、きっとそうダス。本日も完全制覇ダスな。


5. 流れ星 2008年09月10日 22:36
mickさん、こんばんは!
全部聴かせて頂きました、「20センチュリー・ボーイ 」はかっこいい!
定番の「get it on」もいい、「メタル・グルー 」これも当時よく流れてました。
こうやって久しぶりに聴くと印象に残る曲多いですね。
再認識しました!
グラムロックって”スレイド”なんてのも思い出しました。
事故で亡くなったのは知ってましたが30前ですか若すぎます。


6. mick 2008年09月11日 10:42
流れ星さん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)
マーク・ボラン=Tレックスかっこいいですね。
スレイドも聴きましたね。マーク・ボランはどちらかというとアイドルっぽい扱いされてましたね。
そうです、30歳の誕生日の2週間前に予言してたように事後でなくなりましたね。


7. しゅー 2008年09月21日 15:57
>T・レックス・・・
名前は当時良く耳にしていたのですが,あまり,記憶にありません.
むしろ,同時代のミッシェル・ポルナレフの方が印象にあります.
D・ボーイは今でも好きです.
そういえば角川映画に「REX」という恐竜映画があったな~.関係ないかっ♪


8. mick 2008年09月22日 11:00
しゅーさん 毎度
各更新記事に、コメント書いてくれてあんがちょ。
Tレックスは、グラムロックの先駆者なんです。その後Dボーイとか、メイクしたロッカーがたくさん出てきて、今では当たり前になりましたけどね。
30歳になる2週間前に、事故で亡くなることを予言してたなんて、どう思います?
やっぱり、魔女と密約でもしてたんでしょうかね?

2009.10.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

マーク・ボラン(Tレックス)・・・魔女に魂を渡した男

2008.09.06

category : T.REX

総製作費60億円をかける唐沢寿明(44)主演の3部作映画シリーズ「20世紀少年」(堤幸彦監督)が公開されますね。凄い豪華キャストですね。


20世紀少年 20th Century Boys 予告編です。




で、この映画に流れてる曲は、誰が歌ってるかご存知ですか?

Tレックスの「20センチュリー・ボーイ 」なのです。

1973年に発売されたTレックスのベスト盤に収録されています。そしてこの曲「20センチュリー・ボーイ 」は、日本でレコーディングを行い全英3位を記録したROCKナンバーなんです。

ということで、今回は、70年代のブラムロックの王者・・・Tレックス(マーク・ボラン)を取り上げます。


まずは、「20センチュリー・ボーイ 」20th Century Boy
から



略歴です
1947年に生まれたマーク・ボランがリーダー。70年代前半にグラムロックと呼ばれるムーブメントを巻き起こす。デヴィッド・ボウイとともに、そのグラムロックを代表するアーティストである。その官能的な音楽は、T・レクスタシーと言われた。

1968年にデビューした頃はアコースティック・ギターとヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、ティラノザウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)と名乗り、一部でカルト的な人気を誇った。その後、新しいパートナーにミッキー・フィンを迎え、エレクトリック・ギターを導入したのは70年だった。

70年12月にT.Rexとバンド名を短縮、「ライド・ア・ホワイト・スワン」の大ヒットでスターダムに。71年にベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドが加わり、4人組のバンドになって初めてのアルバム「電気の武者」がUKチャート1位の大ヒット。「ゲット・イット・オン」「ジープスター」といった人気シングルも生まれ一斉を風靡。第二のビートルズと言われた。また、デビュー当初からのプロデューサーであり、ストリングスを大胆に用いた独特のサウンドを構築したトニー・ヴィスコンティも、彼らの成功に伴って名声を得る。

72年に『ザ・スライダー』、73年には『タンクス』と次々にヒットアルバムを出す。日本でも武道館公演を行うほどの人気で、73年にリリースされたシングル、「20センチュリー・ボーイ」は当時の日本盤の発売元、東芝EMIのスタジオでレコーディングされた。しかし、アメリカではそれほど成功できなかった。

74年に入るとグラムロックブームが終わり、急速に人気はしぼんでいった。人気急落後のマーク・ボランは、もともと利己的だった性格が、手が付けられない程になり、全盛期を支えた仲間が次々と去り、自身の麻薬中毒ともあいまって、危機的な状況を迎える。この時期の楽曲はブラック・ミュージック色を取り入れたもので、現在ではそれなりに評価されているが、不摂生の祟ったマークは太ってしまい、ビジュアル面で精彩を欠いたことも致命的であった。やがて、息子の誕生などを機に、再起をかけて生活を改め、バンド・メンバーも一新。当時勃興しつつあったパンク・ロックにも興味を示し、人気・評価は徐々に持ち直しつつあった。しかし、77年9月、愛人グロリア・ジョーンズが運転する車が街路樹に激突し、同乗していた彼は29歳の若さで世を去った。

バンド名がT.Rexとなってからは、殆どマークのソロプロジェクト状態だったが、後年はそれがより鮮明になっていた。そのため、彼の死でT.Rexは活動を永遠に休止した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より掲載しました。


化粧をしてロックをするのをグラム・ロック(グラマラスなロックと思えば良い)と呼ぶようになったのは、マーク・ボランからだと思います。今でこそ、ロックに化粧は当たり前の時代になってますが、この当時は衝撃的でした。

ティラノ・サウルス・レックス時代は、アコースティック中心だったと記述にはあるのですが、その頃には興味ありません。
私が、興味を持ち始めたのは、アルバム「サ・スライダー」を購入してからです。
c93b7af9.jpg
このアルバムは1972年に発売された、傑作アルバムだと私は思っています。

このジャケットに写るマーク・ボランが気に入ったというか、惹かれたというか・・・・
妖しい雰囲気がなんともいえないジャケットで、学生時代でしたが、部屋にアルバムジャケットを飾っていました。魔法に掛けられたのかもしれませんね。

リンゴ・スター撮影によるこのジャケット写真に魅かれたのかもしれません。撮影場所はジョン・レノン邸です。

アルバムの中から「メタル・グルー 」



このアルバムを聴いて、そのサウンドに心地よささえ覚えました。
これって、錯覚かな?って思うくらいにです・・・・
エリック・クラプトンにギターを習ったとは思えないほどの、単純なコード進行にメロディ。
当時は、アイドル色が強かったように記憶してますね。
ビートルズを凌ぐかとも言われた人気があったのですが、どうだったんでしょうか?
そんなに評価は好いとは思えない記事に溢れてました。
とにかく、ライブの演奏は、酷評されるくらい下手でした。
再度言います・・・・クラプトンにギター習ってます、しかも住み込みです。

やっぱり、魔法使いとも武者修行したからかな?
本人は、魔女と出合って、魔法の修行もしたそうです。
生前に、30前までしか生きられないと予言していたそうですが。

「テレグラム・サム 」


77年9月16日の早朝、ロンドン市内ウエストサウス地区の路上で、グロリア・ジョーンズの運転する、紫のブリティッシュ・レイランド/275Gは木立に激突した。同乗のマークは帰らぬ人となります。
死因は脳挫傷による出血多量だが、その時彼の血管は大量のドラッグ使用の為にボロボロに破壊されていたということです。
9月30日の30歳の誕生日の2週間前だったそうです。

生前マーク・ボランは母親に「僕は30歳の誕生日を迎える前に、魔女に導かれ、体が粉々になって死ぬんだ」と語っており、そして、その予言は的中したんですね。
なんか、不思議でしょ?

「ザ・スライダー 」


マーク・ボランの本人の予言どうりの死・・・これによってカリスマ性が高められ、これにより彼が再評価されてるのかもしれませんね。
「魔術、呪術、錬金術をマスターした」というマーク・ボランの言葉は本当なんでしょうね。
ほんんとうに何か不思議な因縁というか、何かを持っていたのかもしれませんね。

決して、上手くない歌、ギターも下手くそ・・・なのに、ついつい聞き入ってしまう、これって何かが働いているのかとさえ思ってしまいます。
これって、やっぱり、マーク・ボランの魔法にかかってしまって、未だに解けないのかもしれませんね。

「get it on」



マーク・ボランの魔法に取り付かれて、ロックを始めたグループはたくさんあると思います。
日本のロックグループ「Tボラン」もその一つのグループですね。なにしろ、TレックスのTとマーク・ボランのボランですもの・・・・・

マーク・ボラン・・・・なんて不思議な奴なんだろうか?
やっぱり、魔女とその自分の栄光を取引したんでしょうね、きっと。

コメント

コメント一覧
1. リサパパ 2008年09月06日 16:44
mick.兄さま こんにちわ♪
「Get it on」
久しぶりに聞きました。良いですねー


2. mick 2008年09月06日 19:01
私がTレックスを聞き始めたのは18歳の頃です。
何か惹きつけるものがあったんですよマーク・ボランって・・・


3. マーボウ 2008年09月06日 19:27
こんばんU・w・Uワン!!!
あっっマーク・ボランだぁ~
グラムロックの神様ダスね(*^_^*)
ユニセックスの代表格ダスよね、デビッド・ボウイより彼の方が魅力的ダス(*^。^*)
おぉ~このジャケ舎はオイラの為にのせてくれたんダスね!ありがトーマス。
「魔術・呪術」と言えば、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアを思い出しマウス。
「get it on」最高ダスね(*^^)v 「メタル・グルー」と共に名曲ダス(^^♪
全曲完全制覇!素敵な音楽をサンキューm(__)m


4. mick 2008年09月06日 20:05
マーボウさんやないかーい・・・
ソウダス、グラムロックの神様、仏様だす。
フランスで魔女と遭遇して、魔術や錬金術を習得したそうダス。
29歳で、本人の予言どおり亡くなったのですが、これはロックの英雄になるかわりに、30歳までで、亡くなるって取り決めしてたんダスな、きっとそうダス。本日も完全制覇ダスな。


5. 流れ星 2008年09月10日 22:36
mickさん、こんばんは!
全部聴かせて頂きました、「20センチュリー・ボーイ 」はかっこいい!
定番の「get it on」もいい、「メタル・グルー 」これも当時よく流れてました。
こうやって久しぶりに聴くと印象に残る曲多いですね。
再認識しました!
グラムロックって”スレイド”なんてのも思い出しました。
事故で亡くなったのは知ってましたが30前ですか若すぎます。


6. mick 2008年09月11日 10:42
流れ星さん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)
マーク・ボラン=Tレックスかっこいいですね。
スレイドも聴きましたね。マーク・ボランはどちらかというとアイドルっぽい扱いされてましたね。
そうです、30歳の誕生日の2週間前に予言してたように事後でなくなりましたね。


7. しゅー 2008年09月21日 15:57
>T・レックス・・・
名前は当時良く耳にしていたのですが,あまり,記憶にありません.
むしろ,同時代のミッシェル・ポルナレフの方が印象にあります.
D・ボーイは今でも好きです.
そういえば角川映画に「REX」という恐竜映画があったな~.関係ないかっ♪


8. mick 2008年09月22日 11:00
しゅーさん 毎度
各更新記事に、コメント書いてくれてあんがちょ。
Tレックスは、グラムロックの先駆者なんです。その後Dボーイとか、メイクしたロッカーがたくさん出てきて、今では当たり前になりましたけどね。
30歳になる2週間前に、事故で亡くなることを予言してたなんて、どう思います?
やっぱり、魔女と密約でもしてたんでしょうかね?

2009.10.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。