元気です。

ミーハーに音楽を語りましょう。変な事は書かんように。 誹謗・中傷・個人攻撃・猥褻なコメント及び広告、宣伝、勧誘などの内容は、見つけ次第管理人の独断でお仕置きです。

アクセスカウンター
訪問あんがちょ。 2009年9月20日からのアクセス件数です。
プロフィール

mick

Author:mick
趣味 音楽聴くこと。特にジャンルにはこだわらず、良いものは良いという主義で聴いてます。(特に70年代の音楽は、ミーハーに好きです)

好きな人  吉田拓郎、ミック・ジャガー、長州 力、オードリー・ヘプバーン、シンシア

大阪泉州の硬い中にすんでます。
エロハゲオヤジです。最近はメタボも追加しました。

姉妹サイト「Rolling50」
http://93484864.at.
webry.info/
日々の日常や、話題の出来事等を思いつくままに書いております。

「ざびえろの館」
http://mick010600002000
.at.webry.info/
エロオヤジのえろえろ音楽の館です。

最新コメント
最新記事の画像
最新トラックバック
ただ今覗き中です

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメント一覧
1. 流れ星 2008年10月01日 22:18
mickさん、やりましたね。
こんなビデオを探してました、今年の初旬にヤードバーズの記事を作りたくビデオ探しましたがまともなのは無かったです。
今回検索したら大量にあるではないですか、この時代の記録もあったんですね、ありがたい時代になりましたね。
秋の夜長にじっくり拝見しました、有難うございます。


2. John 2008年10月02日 00:39
mickさん、そして敢えて流れ星さんもおこんば~ん(^^)/
ヤードバーズは聴いてみるとかなり面白いような、イメージと違うような…
そう、おいらなんかは当然時代を逆行して聴いてしまっているため3大ギタリストのイメージがどうしても離れない…
だから初めて聴いた時は別物として捉えないと微妙に入れなかった気がします
そして流れ星さんのブログで3大ギタリストの投票があったとき、おいらは入れませんでした…
それはあまりにタイプが違い過ぎるのと、おいらのスタイルにどれも当てはまらないからです
裏を返せば、真似出来ない凄さもあるんですけどね^^
しかし、ゾンビーズやサーチャーズやキンクス、そしてザ・フーなどがこの映像で蘇って来ました…(^^♪


3. mick 2008年10月02日 13:35
流れ星さん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
おそらく、この記事に関しては、よっぽどのロック好きの方じゃないとコメント来ない?って思ってました。多分コメントくれるのは、流れ星さんとjohnさんの二人くらいかなって・・・
ヤードバーズ・・・やってしまいました。
この時代、60年前半なんて、私も、幼稚園児ですから、聴いてません。
クラプトンが好きなので、彼らのルーツを調べてみたくなったんですよ。
たくさん、ようつべありましたね。
白黒っていうのが、時代を感じますね。
この頃の曲を、今聴くと、ほんとに3大ギタリストの競演なのか?って思いますね。
でも、当時は画期的だったんでしょうね。


4. mick 2008年10月02日 13:38
Johnさん 予測どおり、訪問&コメントあんがちょ。
ヤードバーズは、聴いてみて面白かったですね。
私も3大ギタリストのイメージで聴いてましたが・・・違うぞ?って感じで、変な親近感を覚えましたね。
>ゾンビーズやサーチャーズやキンクス、そしてザ・フーなどがこの映像で蘇って来ました…(^^♪・・・・・・・・・・・・・・・・
なんか、わかる様な気がしますね。


5. スー 2008年10月03日 12:12
こんにちわ{%笑いwebry%}ヤードバーズ・・初めて聴きましたよグループ名も音楽も♪
映像見た限りではビートルズに近いのかなと思いましたが・音楽は違ってましたね♪
クラプトンが居たなんてこれも解らず・・
多分洋楽に嵌り始めでしょうね・・ビートルズとモンキーズを聴き捲くってた時代かな?
mickさんもよく知らなかったんですか?
年代がね・・私赤ちゃんだったかも~~~って・・冗談は言えないか・・うふ♪(* ̄ー ̄)v


6. ちびた 2008年10月03日 23:12
こんばんは
こんな懐かしい映像があるんですね、すごいです、ありがとうございます。ゆっくり聴かせてもらいました。
ヤードバーズは持っているのが全部LPなんで、もう全然聴けていません。それに当時は映像で見た記憶がないです。
唯一あるのが映画「欲望」です。この映画にヤードバーズの演奏場面があるということで、当時の映画雑誌(ロードショウかスクリーン)で放送日を探して、真夜中に起きて見てました。
もちろんビデオなんてないですから・・・
翌日学校で見た?見た!ベックがいたぞ、ジミーぺイジがいたぞって、友達と大騒ぎした記憶があります。
3大ギタリストがいたグループですが、ほとんどジミーペイジのバンドだったように思います。最後の方のライブLP(たぶん海賊版)を持っていますが、ほとんどZEPの1stアルバムみたいな曲でした。
記憶に間違いがなければ、もうこの頃からライブのメンバー紹介でクラプトンが「スローハンド」の愛称で呼ばれていたような・・・
懐かしことを沢山思い出せてくれました、ありがとうございます。


7. bunta52 2008年10月05日 15:28
ぼくもここに参加していいのかなーー?
なんか土足で敷居を跨いだ落ち着かない気がしないでも・・・
でもみなさんのほうが克明!にご記憶されてるので、あえてコメントはありません。
ぼくらの時代はヤードバーズ知らずしてロックしてたヤツはもぐりじゃないかと!
評論家のように、なんぼ口でええカッコこいてもだめよー
・・・これだけは言えますね!!
お邪魔しました。


8. mick 2008年10月05日 17:44
スーさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
初めてききましたか。なにしろ私が幼稚園の頃だから、スーさんは、乳飲み子時代ですかね。
私もヤードバーズは、クラプトンの存在からきになって後追いの形で、聴いたんですよ。
60年代後半から、ビートルズやストーンズリアルタイムできいてましたね。
そのころから、ヤードバーズには興味もったのですが。


9. mick 2008年10月05日 17:50
ちびたさん 毎度です。
映像探してたら、懐かしいのがたくさん出てきました。まだまだたくさんあるようです。
さっそく保存しましたよ、いつ消えるかわからん、貴重映像ですからね。
クラプトンやジェフ、ジミーの若かりしころを少しでも体感できたらいいですね。
そうですね、当時の映像なんて私もみてませんよ。ちびたさんはLP持ってるんですね。
私は、プラプトンからの後追いの形できいてました。今回、ヤードバーズ取り上げても知らない方多いかなっておもったんですが、取り上げずにはいられなかったのですよ。
それにしても、ちびたさん熱いですね。


10. mick 2008年10月05日 17:57
bunta52さん 毎度です。
訪問ありがとうです。
コメントしてくれてる方たち見てると、おや?
ここは流れ星さんちのブログかな?って錯覚起こしますね。
実際ヤードバーズは、私もリアルタイムじゃないのですよ。幼稚園児が、ヤードバーズ聴かんしね・・・
いわゆる後おいで、興味もったのですが、ミーハーな音楽ファンなので、詳しくありませんぞ。
まぁ、リアルタイムでは、聴けてなかったので、私もぐりかもしれませんね。
でも、リアルタイムできいてなくてもその存在をしって興味をもって聞けるってことは、いいことじゃないでしょうかね。
りっぱに、参加してますやん、熱いコメントありがとうさんです。


11. かなやん 2008年10月05日 22:22
こんばんは、mickさん。
ブログへすごく参考になるコメントありがとうございましたm(__)m
ヤードバーズは名前だけ聞いたことありましたが、どんなグループだったのかは知りませんでした(^^ゞエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジがメンバーにいたというだけでもすごいですね。みんな80年代になってから知った人たちなので60年代活動初期の姿は新鮮に映りました。


12. mick 2008年10月06日 09:43
かなやんさん ここでもコメントありがとうさんです。
ヤードバーズってメンバーが凄いですよね。
それだけでも、興味をそそるでしょ。
私も、調べながら記事かいてて新鮮でしたよ。

2009.10.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

YARDBIRDS ヤードバーズ(3大ギタリストを生んだ伝説のロックバンド)

2008.10.01

category : YARDBIRDS

1960年代前半、ロンドンで人気のあったライブハウスで、プロデビューしたローリング・ストーンズの後釜で演奏を始めたのが彼らヤードバーズである。


88933be6.jpg

今回は、ロックの歴史を紐解いてみたいと思い、ここにヤードバーズを紹介します。
生憎と、私もそんなに詳しくはない時代のバンドですが、ロックのルーツでもある彼らヤードバーズに興味を持ちました。
ここでは、参考文献を掲載しながら紹介していきます。

ヤードバーズは、当時セールス面ではさほど好結果を出していないにも関わらず、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3大ギタリストを排出した伝説のバンドなんです

メンバーです
Keith Relf キース・レルフ(ボーカル、ハープ)
Jim McCarty ジム・マッカーティー(ドラムス)
Paul Samwell-Smith ポール・サミュエル=スミス(ベース)
Chris Dreja クリス・ドレヤ(リズムギター、のちにベース)
Tony 'Top' Topham トニー・トップ・トーパム(ギター、初代)
Eric Clapton エリック・クラプトン(ギター、2代目)
Jeff Beck ジェフ・ベック(ギター、3代目)
Jimmy Page ジミー・ペイジ(ベースのちギター、4代目)

どうです、凄いメンバーがいたでしょう。

For Your Love/Got To Hurry(1965年)
バンドとしては初のヒット作。このシングルを最後にクラプトン脱退。

Heart Full Of Soul(邦題:ハートせつなく)/(1965年)
ベックが初参加。「Heart Full〜」は、シタールを導入した、実験的な要素の強い曲であった。しかし音が弱くインパクトに欠けており、ベックが偶然持ち込んでいた新しい機器「ファズ」を利用したところ、力強い独特のサウンドとなった。

Over Under Sideways Down(1966年)

Happenings Ten Years Time Ago(邦題:幻の10年)(1966年)
ベック・ペイジ時代に唯一出されたシングル。ジョン・ポール・ジョーンズがベースで参加。実験的なサイケデリック色の強い曲。


Train Kept A Rollin' (1966 with Jeff Beck )
この軽いロカビリー的作品はJeff Beckによって世界最初のハードロックの曲となった。Led Zeppelinがこの曲でスタートし、エアロスミスが今もこの曲を演奏しつづけていることからもこの曲の重要性が分かるというものである。

ヤードバーズ活動の歴史です当初はギターがクラプトンではなくアンソニー“トップ”トッパムで、1963年に結成されています。
結成後すぐにトッパムは脱退し、キースの学友であったクラプトンが後任として加入して、1964年「アイ・ウイッシュ・ユー・ウッド」でデビューを果たす。

その後、ライブ盤の「ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ」をリリースし人気が出てくると、プロデューサーのゴメルスキーから、よりポップ志向の強い曲「フォー・ユア・ラヴ」のレコーディングを強要され、なんとか吹き込み終わるものの、ブルース志向の強かったエリック・クラプトンは、これに反発して直後に脱退してしまう。

後任には当時売れっ子セッションマンで、クラプトンから紹介されたJIMMY PAGEジミー・ペイジに依頼するが、多忙のため断られ、代わりにペイジから紹介された、JEFF BECKジェフ・ベックを起用することとなった。
すでにフィード・バック奏法などをマスターしていたベックは、これを機に一躍有名になり、ヤードバーズ自体も、先の「フォー・ユア・ラヴ」とベック加入後の「ハートせつなく」のスマッシュヒットにより、全米での人気もつかむに至った。

しかし、ベックは病気がちで、ライブではたびたびジミー・ペイジが代役でステージに立っていた。
66年ベースのポール・サミュエル・スミスが脱退すると、クリスをベースに回し、ペイジを正式に迎え入れて、ベックとのツイン・リード・ギターとした。だが、これも長続きせず、健康状態の悪化(という理由だったが、真相は違うようだ)から、同年ジェフ・ベックは脱退。残されたメンバーでラスト・アルバムとなる「リトル・ゲームス」を録音するが、イギリスではリリースされず、68年には解散に追い込まれてしまうのであった。

この解説については、私がよく行くROCK PRINCESSさんの文献を参考に掲載さしていただいてます。


脱退後の3大ギタリストたちは・・・・その後

エリック・クラプトンはブルースの追求をめざし、これまた3人の名ギタリストを排出した名門グループ、ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズへ加入し、“ギターの神様”とまで言われるようになるが、ジョン・メイオールとの意見の食い違いからすぐに脱退。後はクリーム、ブラインド・フェイス、デレク&ドミノスからソロの現在に至るまで常に第一線で活躍しつづける大スターであるのは周知の通りですね。

ジェフ・ベックはこの後もジェフ・ベック・グループやベック・ボガート&アピスなど名バンドを作り上げるも、交通事故など不運に見舞われ、今ひとつパッとしなかったが、1970年代半ばになって、ようやく独自のクロス・オーヴァー・サウンドを開花させてビッグ・ヒットを放ち、名実共に大スターへの仲間入りを果たした。

ジミー・ペイジはヤードバーズ解散後、自己のバンドをニュー・ヤードバーズとして名乗り、しばらく活動していたが、後にレッド・ツェッペリンと改名し、再スタートを切り大成功をおさめた。

この3人のギタリストたちのその後から現在の活躍については、ロック好きのみなさんにとっては、周知のことですよね。
レッド・ツェッペリンが復活かと、一部フライング記事がありましたが、残念ながら、復活はないようですね。


現在ヤードバーズは、リードギターとベースはしばしば入れ替わっているものの、活動を続けています。2003年には35年振りとなる新作、『BIRDLAND』をリリースしたそうです。

ヤードバーズのアルバムです。興味もたれたのなら、是非聴いてみてください。

ファイヴ・ライヴ・ヤードバーズ+5
dba14354.jpg


エリック・クラプトン在籍時の64年3月に、ロンドンのマーキークラブでのステージを収めたデビュー・ライヴ・アルバム。ひたむきで突進力のある演奏が聴ける。さらに当時の貴重なレコーディングを追加。


ヤードバーズ
e7ab82cb.jpgエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジを生んだヤードバーズの5年間の活動の歴史を綴ったドキュメンタリー。メンバーが出演した映画『欲望』のシーンやライブ映像、インタビューなどを収録する。“Forever Collection DVD”シリーズ。

ハヴィング・ア・レイヴ・アップ+16
7e7d05a2.jpg 

ジェフ・ベック時代の66年1月にアメリカで発売された編集アルバム。今回は、そのアルバムを元に、ベック時代のシングル曲、当時の未発表曲、未発表テイクなどで編集したファン必携盤!


今回は、ロックの歴史とは・・・って感じで、調べてみました。まだまだ奥がふかいですね。

コメント

コメント一覧
1. 流れ星 2008年10月01日 22:18
mickさん、やりましたね。
こんなビデオを探してました、今年の初旬にヤードバーズの記事を作りたくビデオ探しましたがまともなのは無かったです。
今回検索したら大量にあるではないですか、この時代の記録もあったんですね、ありがたい時代になりましたね。
秋の夜長にじっくり拝見しました、有難うございます。


2. John 2008年10月02日 00:39
mickさん、そして敢えて流れ星さんもおこんば~ん(^^)/
ヤードバーズは聴いてみるとかなり面白いような、イメージと違うような…
そう、おいらなんかは当然時代を逆行して聴いてしまっているため3大ギタリストのイメージがどうしても離れない…
だから初めて聴いた時は別物として捉えないと微妙に入れなかった気がします
そして流れ星さんのブログで3大ギタリストの投票があったとき、おいらは入れませんでした…
それはあまりにタイプが違い過ぎるのと、おいらのスタイルにどれも当てはまらないからです
裏を返せば、真似出来ない凄さもあるんですけどね^^
しかし、ゾンビーズやサーチャーズやキンクス、そしてザ・フーなどがこの映像で蘇って来ました…(^^♪


3. mick 2008年10月02日 13:35
流れ星さん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
おそらく、この記事に関しては、よっぽどのロック好きの方じゃないとコメント来ない?って思ってました。多分コメントくれるのは、流れ星さんとjohnさんの二人くらいかなって・・・
ヤードバーズ・・・やってしまいました。
この時代、60年前半なんて、私も、幼稚園児ですから、聴いてません。
クラプトンが好きなので、彼らのルーツを調べてみたくなったんですよ。
たくさん、ようつべありましたね。
白黒っていうのが、時代を感じますね。
この頃の曲を、今聴くと、ほんとに3大ギタリストの競演なのか?って思いますね。
でも、当時は画期的だったんでしょうね。


4. mick 2008年10月02日 13:38
Johnさん 予測どおり、訪問&コメントあんがちょ。
ヤードバーズは、聴いてみて面白かったですね。
私も3大ギタリストのイメージで聴いてましたが・・・違うぞ?って感じで、変な親近感を覚えましたね。
>ゾンビーズやサーチャーズやキンクス、そしてザ・フーなどがこの映像で蘇って来ました…(^^♪・・・・・・・・・・・・・・・・
なんか、わかる様な気がしますね。


5. スー 2008年10月03日 12:12
こんにちわ{%笑いwebry%}ヤードバーズ・・初めて聴きましたよグループ名も音楽も♪
映像見た限りではビートルズに近いのかなと思いましたが・音楽は違ってましたね♪
クラプトンが居たなんてこれも解らず・・
多分洋楽に嵌り始めでしょうね・・ビートルズとモンキーズを聴き捲くってた時代かな?
mickさんもよく知らなかったんですか?
年代がね・・私赤ちゃんだったかも~~~って・・冗談は言えないか・・うふ♪(* ̄ー ̄)v


6. ちびた 2008年10月03日 23:12
こんばんは
こんな懐かしい映像があるんですね、すごいです、ありがとうございます。ゆっくり聴かせてもらいました。
ヤードバーズは持っているのが全部LPなんで、もう全然聴けていません。それに当時は映像で見た記憶がないです。
唯一あるのが映画「欲望」です。この映画にヤードバーズの演奏場面があるということで、当時の映画雑誌(ロードショウかスクリーン)で放送日を探して、真夜中に起きて見てました。
もちろんビデオなんてないですから・・・
翌日学校で見た?見た!ベックがいたぞ、ジミーぺイジがいたぞって、友達と大騒ぎした記憶があります。
3大ギタリストがいたグループですが、ほとんどジミーペイジのバンドだったように思います。最後の方のライブLP(たぶん海賊版)を持っていますが、ほとんどZEPの1stアルバムみたいな曲でした。
記憶に間違いがなければ、もうこの頃からライブのメンバー紹介でクラプトンが「スローハンド」の愛称で呼ばれていたような・・・
懐かしことを沢山思い出せてくれました、ありがとうございます。


7. bunta52 2008年10月05日 15:28
ぼくもここに参加していいのかなーー?
なんか土足で敷居を跨いだ落ち着かない気がしないでも・・・
でもみなさんのほうが克明!にご記憶されてるので、あえてコメントはありません。
ぼくらの時代はヤードバーズ知らずしてロックしてたヤツはもぐりじゃないかと!
評論家のように、なんぼ口でええカッコこいてもだめよー
・・・これだけは言えますね!!
お邪魔しました。


8. mick 2008年10月05日 17:44
スーさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
初めてききましたか。なにしろ私が幼稚園の頃だから、スーさんは、乳飲み子時代ですかね。
私もヤードバーズは、クラプトンの存在からきになって後追いの形で、聴いたんですよ。
60年代後半から、ビートルズやストーンズリアルタイムできいてましたね。
そのころから、ヤードバーズには興味もったのですが。


9. mick 2008年10月05日 17:50
ちびたさん 毎度です。
映像探してたら、懐かしいのがたくさん出てきました。まだまだたくさんあるようです。
さっそく保存しましたよ、いつ消えるかわからん、貴重映像ですからね。
クラプトンやジェフ、ジミーの若かりしころを少しでも体感できたらいいですね。
そうですね、当時の映像なんて私もみてませんよ。ちびたさんはLP持ってるんですね。
私は、プラプトンからの後追いの形できいてました。今回、ヤードバーズ取り上げても知らない方多いかなっておもったんですが、取り上げずにはいられなかったのですよ。
それにしても、ちびたさん熱いですね。


10. mick 2008年10月05日 17:57
bunta52さん 毎度です。
訪問ありがとうです。
コメントしてくれてる方たち見てると、おや?
ここは流れ星さんちのブログかな?って錯覚起こしますね。
実際ヤードバーズは、私もリアルタイムじゃないのですよ。幼稚園児が、ヤードバーズ聴かんしね・・・
いわゆる後おいで、興味もったのですが、ミーハーな音楽ファンなので、詳しくありませんぞ。
まぁ、リアルタイムでは、聴けてなかったので、私もぐりかもしれませんね。
でも、リアルタイムできいてなくてもその存在をしって興味をもって聞けるってことは、いいことじゃないでしょうかね。
りっぱに、参加してますやん、熱いコメントありがとうさんです。


11. かなやん 2008年10月05日 22:22
こんばんは、mickさん。
ブログへすごく参考になるコメントありがとうございましたm(__)m
ヤードバーズは名前だけ聞いたことありましたが、どんなグループだったのかは知りませんでした(^^ゞエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジがメンバーにいたというだけでもすごいですね。みんな80年代になってから知った人たちなので60年代活動初期の姿は新鮮に映りました。


12. mick 2008年10月06日 09:43
かなやんさん ここでもコメントありがとうさんです。
ヤードバーズってメンバーが凄いですよね。
それだけでも、興味をそそるでしょ。
私も、調べながら記事かいてて新鮮でしたよ。

2009.10.29  mick  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
最新記事
LINK
常連さんち一覧です。
まとめプラグイン
月別記事一覧(過去記事です)
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
カテゴリ
全記事一覧表示リンク
2006年5月31日~現在までの記事タイトルインデックスです。 [ウエブリブログ時代の記事(2006年5月31日~2009年9月19日)に関しては、そのまま移行されてるので、画像の大きさが修正されてません。又、音声ファイルが削除されてたりしてます]
QRコード
QRコード

Copyright ©元気です。. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。